自分史制作記

株式会社Culture Publicationの自分史制作における社員日記です。 納品実績をもとに社員の感じたことやお客様への感謝の気持ちを日記にして綴っていきます。 自分史作りを日本の文化にできるように日々精進してまいります。サンプルとしても是非ご覧ください。

カテゴリ:インタビュー自分史

結婚50周年をお迎えになられて、何か記念になるものが作りたいというご要望で、ご依頼をいただきました。 前篇はご主人様、後篇は奥様、そして現在のお二人の歩みを最後に載せました。 自分史づくり機会に良かったよと言っていただいたのは、最近は奥にしまって、全然見て ...

満蒙開拓団に入り、その後軍隊へ行かれたお客様でした。大変、きびしい時代を駆け抜けてこられた、その経験を人生を子供たちに残したいとご依頼を頂きました。 インタビューを中心に自分史を制作している弊社をご指名してくれました理由は、目が悪いが口は動くと、おっしゃ ...

以前に友人たちに自分のことを書いたものをまとめた自叙伝ならぬ他叙伝を作られたご経験があるお客様 今度は自分史も作ってみようと思われ、ご依頼を頂きました。 以前、他叙伝に参加してくれた方やお世話になった方へ感謝の意味を込めて作っていきたいとのことでした。 ...

昭和の激動の時代を生きてきた思いを歩みとして残しておきたいとの事から自分史作りをのご依頼をいただきました。 昔の人間は皆、多かれ少なかれ戦争では苦労しているとおっしゃられていたお客様も生家が目の前で燃えていったのは衝撃的だったとおっしゃていました。   ...

制作を始めた頃は私の人生がちゃんと本になるのかなと冗談交じりでおっしゃられていた方でしたが、インタビューした内容が、原稿になり見ていただいたときに、お客様が私の人生じゃないみたい。私も大変だったけどいい時代を生きてきたんだねと驚いていたことを今でも覚えて ...

この度米寿の記念にということで、インタビュー自分史のご依頼をいただきました。 空襲で思い出の詰まった家は焼かれ、勤労動員により勉強もままならない中で、終戦後すぐに大手電機メーカーに就職し、技術者として製造現場ひとすじに歩んでこられた経験や思い満載の作品に ...

大正15年に山口県でお生まれになられたお客様。 山口から東京に出てきて今に至るまでの思いを一つにまとめておきたいと自分史のご依頼をいただきました。 一番思いが強いのは大東亜戦争によって妹さんが亡くなられた事でした。 ご本人は軍隊に行き無事に帰ってこられたの ...

夫婦二人三脚の回顧録が完成しました! S様からご注文をいただいたのは、ちょうど一年前のこと。お子様がいらっしゃらなかったお二人から、夫婦の歩みを残したいとのことで、インタビューにて制作しました。自営業を夫婦二人で約50年やってきて、ちょうど来年には米寿を ...

昭和の初めの生まれの方で本来なら軍隊に行く年齢ではないのですが、自ら志願して軍隊に行かれた方です。志願して行ったのは海軍の予科練という特攻して亡くなった人も沢山いたところでした。志願した年齢は十五歳、今の世の中であれば高校生、遊び盛りだと思います。外地の ...

生まれになってから戦前、戦中、戦後と激動の時代を歩いてきた思いをまとめておきたいとのことから自分史制作のご注文を頂きました。ただ文章を書いていくのが苦手とのことからインタビュー形式で制作を始めました。北海道で生まれお父様の仕事の都合で中国に行きその後東京 ...

↑このページのトップヘ